タグ / グループB


グループBとは

グループBとは、1982年、FIA(国際自動車連盟)により定められたWRC(世界ラリー選手権)車両規格です。
時代背景として第二次オイルショックによるWRC(世界ラリー選手権)への参戦車両台数の減少を食い止める為であり、
それまでの規格(グループ4)に比べホモロゲーション取得のための生産台数を半分以下にし大幅にメーカーの負担を軽減した新レギュレーションがグループB(Gr.B)である。
ラリー専用に開発生産されたマシンは公道を走ることができ1トンを切る軽量ボディに500馬力のモンスターエンジン、ミッドシップ、4WD、ターボなど先進技術でんこもりのスーパーマシンとなった。
それだけに人類には”過ぎたマシン”でり重大事故多発により86年に廃止となった。

<<動画はこちら>>
[2012/11/11 14:12]

グループB・最後の一戦

グループB最後の1986年最終線のドキュメンタリーです。
ラリーのダークサイドやラリーからの一連のキャンセルにつながる最も重要なイベントの紹介です。

<<動画はこちら>>
[2012/11/10 14:12]

グループB最終年

Final year of Group B
天才トイボネンの死で幕を閉じたと言っても過言ではないグループBです。
人知を超えた速さに時代はついてこれず、この映像を最後に恐竜のごとく絶滅してしまいました。

<<動画はこちら>>
[2012/11/09 14:12]

MG・メトロ6R4

F1で有名なウイリアムズが開発した。外見に節操がない分非常に空力性能が良かったらしい。
動力性能の特徴としてはターボが全盛になりつつあるなかあえてレスポンスを重視して自然吸気の3リッターV6で410馬力エンジンを搭載のスーパーマシン。

<<動画はこちら>>
[2012/11/08 14:12]

ルノー5マキシターボ

1978年、大衆車の5をパワートレインを180°ひっくり返しターボにて武装、特大のフェンダーを付けて生まれたのが5ターボである。
当時のホモロゲは400台に対してノリで1800台以上もの大量生産をする。これがGr.Bの発端ともなった。
まともなワークス活動わずかで優勝数回さらに初代よりマイルドで安価なターボUを販売し3000台以上売れた。

<<動画はこちら>>
[2012/11/07 14:12]

ルノー5マキシターボ・レストア

レストアのまとめ映像です。
車の構造、内部レイアウトなどいろいろな目線でみることができます。

<<動画はこちら>>
[2012/11/06 14:12]


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。